女の人

50代から考慮するべき化粧品選び|ハリツヤ肌を継続させよう

顔にできると目立つイボ

困る女性

ヨクイニン成分が効果的

老人性イボは良性の腫瘍のことで、主に中高年になるに従ってできてきます。しかし早い人は20代でできることもあります。老人性イボができる原因は紫外線による皮膚の老化だと言われています。できる場所としては目元や首、脇の下、背中などです。色は皮膚と同じ色から黒色まであり、大きさも数ミリのものから3センチぐらいの大きさのものまであります。老人性イボをケアする化粧品は色々ありますが、人気が高いのはハトムギの種に含まれているヨクイニンという成分が配合されたものです。ジェルタイプなのでべたつかず、香りもよいので人気があります。また杏仁オイルが配合された化粧品も人気があります。さらに合成着色料や合成香料などの成分が添加されていない製品に人気が集まっています。

紫外線に対するケアが大切

老人性イボは良性の腫瘍なので心配することはないのですが、顔にできると目立つだけでなく顔の印象まで変わってしまいます。なるべく予防や治療をしておくべきです。老人性イボの一番の原因は紫外線なので、若い頃から外出する時などは気をつける必要があります。紫外線を浴びるとメラニン色素が多く分泌され、この色素が原因でイボができるのです。紫外線を浴びた日には帰宅後に丁寧にスキンケアをすることが大事です。また生活習慣が乱れているとイボができやすくなります。特にタバコの吸いすぎ、睡眠不足、ストレス過剰、偏食などは注意が必要です。若いうちから少しずつ改善することによって、老人性イボを予防することができます。もしイボができてしまった場合は、レーザー治療で取り除くことができます。