ファンデーション

50代から考慮するべき化粧品選び|ハリツヤ肌を継続させよう

弾力を与えるナイアシン

シワ

ナイアシン配合の化粧品は、コラーゲンの生成を促す効果があります。コラーゲンの生成が促され、しわも改善されていくそうです。ドラッグストアやコスメショップでは、肌診断をして、自分の肌に合った商品を紹介してくれます。

View Detail

顔にできると目立つイボ

困る女性

老人性イボとは良性の腫瘍のことです。良性なので心配はないのですが、顔にできると目立ちます。原因で一番多いのが紫外線なので、外出から帰宅したら丁寧にスキンケアすることが大事です。生活習慣が乱れているとイボができやすいので、若いうちから睡眠不足やストレスなどを溜めないような生活をすることです。

View Detail

誰もが納得する方向へ

スキンケア

無添加化粧水は多くなってきていますが、その厳密な定義はないことに注意が必要です。トラブルを避けるためにその定義を定める流れがありますが、化粧品には厳密な承認審査がないために確実に守らせるのは難しいものの、ガイドラインが定まることで遵守されるようになっていくでしょう。

View Detail

肌の老人化を防ぐには

中年女性

重要なのは乾燥対策

50代の肌は、深いシワやたるみ、くすみ、シミなどの症状がはっきりと現れてきます。これらの原因は、40代から急激に始まる、細胞水分量の低下とコラーゲンの減少によって、肌が乾燥しているからなのです。50代の化粧品は、これらの対策がしっかりできる成分が配合されているものを選び、適切に使用することで、肌の老人化を食い止めることができるのです。乾燥肌対策には、保湿効果のあるセラミドやヒアルロン酸が含まれている化粧品を選ぶことです。セラミドは、もともと肌の角質層に含まれている成分であり、肌に浸透しやすいのです。ヒアルロン酸は、1グラムで6キロもの水分を保持する力があり、肌の表面にとどまることで、水分の蒸発を防いでくれます。シワやたるみの改善には、コラーゲンやビタミンCが配合されている化粧品を選びましょう。特に、ビタミンCは肌のハリを取り戻す作用があるので、おすすめです。

添加物に注意

50代の肌は、加齢とともに弱ってしまい、添加物の刺激に過敏に反応することがあります。肌に刺激を与えてしまう添加物とは、合成香料や着色料、パラペンやエタノールなどで、これらが含まれていない化粧品を選ぶことも大切です。また、国内の規格で生産管理された商品なら、さらに安心できます。50代になると、浴び続けてきた紫外線によってシミやくすみが顕著に現れてきます。そのためには、UVケアを積極的に行うようにしましょう。美白効果が期待されている成分に、ハイドロキノンがあります。ハイドロキノンとは、シミやくすみの原因となるメラニンの働きを抑える効果があり、その美白効果はこれまで成分と比較し、なんと、100倍もあるといわれているのです。